Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 国会質問

2020年11月26日(木)

石炭火発廃止へ急げ

市田氏 工程表政府に求める


写真

(写真)質問する市田忠義議員=19日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は19日の参院環境委員会で、2030年までに石炭火力発電所をフェーズアウト(段階的廃止)する工程表を示すよう政府に求めました。

 市田氏は「気候危機とコロナ危機は、利潤第一主義による自然環境の破壊という点で同じ根を持っている。利潤のために自然環境を壊していくシステムを続けていいのかが鋭く問われている」と認識をただしました。

 小泉進次郎環境相は「利潤だけではダメだという問題意識が脱炭素の原則でなければダメだ」と応じました。

 市田氏は、石炭火発の温室効果ガス排出量が非効率で1・3億トン、「高効率」で1億トン、自家発電0・4億トン、新増設0・7億トンになることを明らかにしました。

 その上で、電気事業者の自主的取り組み任せでは非効率石炭火発の廃止は進まないと批判。石炭火発に対する政策を抜本的に転換するというなら、「パリ協定と整合させるために新増設を中止し、非効率・高効率も含め30年までに石炭火発をフェーズアウトする工程表を示すべきだ」と迫りました。

 小泉環境相は「経産省の議論や電気事業者の取り組みを注視していきたい」との答弁に終始しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。