Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2022年4月10日(日)

2022参院選

時代拓くたたかいを

大阪・枚方 市田・大門・たつみ氏


写真

(写真)万雷の拍手に応える(壇上、右から)市田、たつみ、大門の各氏=9日、大阪府枚方市

 「予想される参院選公示日まで2カ月半。文字通り今が選挙本番」と日本共産党と後援会の「躍進のつどい」が9日、大阪府枚方市総合文化芸術センター大ホールで行われました。市田忠義副委員長・参院議員、大門みきし参院議員・比例予定候補、たつみコータロー(辰巳孝太郎)前参院議員・大阪選挙区予定候補の訴えに、参加者が大きな拍手で応えました。

 市田氏は、戦争か平和か―夏の参院選は日本の進路が根本から問われる選挙だと強調。「ウクライナ危機に乗じて『敵基地攻撃』の議論を盛んに行うなど岸田政権は外交不在で軍事一辺倒。維新の会は特に悪質で、自民党でも世論の手前、言えないような右翼的言動で自公政治をけん引する役割を果たしている」と批判。憲法9条を生かした平和外交を掲げる共産党躍進で「戦争する国づくり」ストップ、改憲阻止の審判を下そうと訴えました。

 市田氏は、共産党の安全保障政策などさまざまな疑問に答えるために「はてな」リーフを活用した対話を呼びかけ。党100年の歴史にはひと時として順風満帆な時はなく、支配勢力による攻撃を一つひとつ打ち破ってきたからこそ今日の到達点があると述べ「時代を切り拓(ひら)くたたかいの中にこそ、私たちの喜びがあります」と話しました。

 大門氏は「人を使い捨てにする新自由主義から『やさしく強い経済』へ経済の大本を変えよう」と訴え。たつみ氏は「平和でもコロナ対策でもカジノ誘致でも府民の願いとかけ離れている維新政治と参院選で決着をつけよう」と力を込めました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。