Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2021年12月6日(月)

一緒に新しい世の中を

滋賀・甲賀 市田副委員長が党を語る


写真

(写真)参加者と語り合う市田氏(正面)=5日、滋賀県甲賀市

 滋賀県甲賀(こうか)市の「新しい政治をめざす信楽(しがらき)の会」は5日、日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員を迎えた集い「ご一緒にこんな世の中つくりませんか」を市内で開きました。市田氏は、総選挙結果をどう見るかについて分かりやすく話し、「市民と野党の共闘は、課題は残しつつも確かな成果を挙げることができた」と力説しました。

 参加者からは「共産党はなぜ、嫌われるのか」「中国共産党をどう見る」「なぜ、政党助成金をもらわないのか」など、率直な質問が次々と出されました。

 市田氏は、一つひとつの質問に丁寧に答えるとともに、日本共産党が目指す社会主義・共産主義の未来社会の展望について「労働時間が短くなり、自由に使える時間が増える。自分の持っている潜在的な可能性を花開かせる。自由と人間解放の社会だ」と語りました。

 また、「『アカだけにはなるな』と言った母親が、自分の子ども8人のうち4人を奪ったあの戦争に、命がけで反対した党があったことを知り、80歳で日本共産党に入党した」ことを紹介。「ご一緒に新しい世の中をつくろう」と心を込めて入党を呼びかけました。

 幼児を連れて参加した女性(30代)は「若者についての話もされ、共産党は、まんべんなく平等な社会を目指していることが分かった」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。