Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2021年10月24日(日)

「比例 どこも大激戦」

京都 市田副委員長 奮闘呼びかけ


写真

(写真)京都北部で日本共産党躍進を勝ち取ろうと訴える市田副委員長=23日、京都府福知山市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は23日、京都府福知山市の演説会に駆け付け「政権交代を勝ち取り、新しい政権を揺るがずに支えるため、その最大の推進力になるのは比例代表での日本共産党の躍進です。比例はどこも大激戦」と述べ、残る期間の猛奮闘で近畿ブロックで現有2から4議席を勝ち取ろうと呼びかけました。

 日本共産党の山内健・京都5区候補が訴えました。

 市田氏は「この40年、社会保障を削る政治が横行してきた」とし、その結果、医師数は先進国で最低、保健所は半減したと指摘。その上、自民・公明・維新が高齢者の医療費を2倍にする法律まで通したと批判し「社会保障を予算の主役に据える日本をつくろう」と強調。感染症・公衆衛生の予算2倍化、米価下支えなど党の政策を挙げ、恒常的な財源は、大富豪と大企業にもうけにふさわしい税金を払ってもらうとし「企業献金をもらってない、何のしがらみもない日本共産党だから言える」と語りました。

 山内候補は、最賃引き上げや病院再編の中止、保健所の復活などを掲げ「京都北部でいつまでも暮らし続けられる、その願いを届ける仕事をさせてほしい」と力を込めました。

 介護現場で働く女性(41)=福知山市=は「職場も人手不足や低賃金で離職する人も多い。政権交代でぜひ賃上げしてほしい」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。