Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2020年10月18日(日)

比例躍進・連合政権実現を


 来たる総選挙の勝利をめざし17日、日本共産党の幹部が全国各地で街頭から訴えました。


東北初の2議席必ず

秋田で市田・高橋氏

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は、秋田県横手市と秋田市で高橋ちづ子衆院議員(衆院東北比例予定候補)と藤本ゆり同比例東北予定候補、杉山あきら秋田3区予定候補とともに街頭演説しました。小雨の中、「安倍政治の継承いらない」とプラカードを掲げる人などが並びました。

 市田氏は、学術会議への介入や「自助」押しつけで、出身地の秋田県でも菅新政権への失望が広がってきていると指摘。野党共闘で本気で政権交代をめざす決意を訴えました。

 政府が秋田県に押し付けようとした「イージス・アショア」を、県民の運動で配備撤回に追い込んだ経験を強調。「声を上げれば政治は変えられます。東北初の比例2議席以上を一緒に勝ち取りましょう」と呼びかけると拍手と「そうだ」の声が上がりました。

 高橋議員は、野党共闘の質の前進を示して「この力で今度は政権を取りにいきます。そのためにも日本共産党が大きくなることが大事です」と語りました。

 藤本予定候補は「学問の自由を脅かす政権でなく、学問の自由を保障する政権に」と、杉山予定候補は必勝の決意を訴えました。

 秋田市では野党統一で当選した寺田静参院議員が「危機感をともにする皆さんと、党派を超えて声を上げ続けていきましょう」と連帯のあいさつをしました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。