Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2020年10月13日(火)

野党結束で逆転可能

京都 市田氏


写真

(写真)市田副委員長の演説に集まった人たち=11日、京都府宮津市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は、京都府北部の宮津市と福知山市の2カ所の街頭演説で、「今回の総選挙で政権交代を勝ち取り、日本共産党も加わった野党連合政権を打ち立てるため全力をつくす」と訴えました。

 山内健・衆院京都5区候補がともに訴えました。

 市田氏は、野党連合政権をつくる意思表示として、日本共産党が首相指名選挙で立憲民主党の枝野幸男代表に投票したことに触れ、「『市民と野党の共闘』は階段を大きくあがって、いよいよ政権をとりにいく段階に入った」と強調しました。

 「行き詰まった安倍政治の継承、強権政治、コロナで苦しむ国民を『自助』といって突き放す菅政権を退場させる。それが国民への野党の責任だ」と述べた市田氏。今度は本格的な野党共闘でたたかう条件のある初めての総選挙になるとし、「前回、与野党が競り合ったおよそ100の選挙区で、野党が結束すれば逆転可能だ。『市民と野党の共闘』の前進、その要役の日本共産党を伸ばしていただき、本気で政権交代を実現しよう」と力説しました。

 山内氏は、「先日、宮津市で党派を超えた経済懇談会を開いた。共同を広げ、地域で汗を流す人たちを直接応援する経済政策を実現させよう」と述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。