Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2020年8月24日(月)

政権交代で医療手厚く

和泉市 市田氏訴え


 大阪府和泉市で23日、日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員を迎えて、総選挙での勝利・躍進、和泉市議選の勝利をめざす党演説会が行われました。

 市田氏は、コロナ対策での7月28日の安倍首相への「緊急申し入れ」を紹介し、今求められているのは「感染震源地を明らかにし、PCR検査を抜本的に増やすことだ」と述べ「“PCR検査のあり方を抜本的に転換せよ”の声を大きな国民的世論にしていこう」と強調しました。

 コロナ後の新しい日本の展望を語り「経済効率のみを最優先する政治から人間が生きていくために必要不可欠なものを最優先する政治に切り替えていこう」と呼びかけました。

 もちづき亮佑衆院18区予定候補は「政治を変えなければ、科学的で、体系的なコロナ対策が打ち出される見込みはない。政治を変えられるかどうかに、社会と地域をコロナ危機から救うことができるかどうかがかかっている」と話しました。

 和泉市議選で勝利をめざす、さおとめ実、原しげき両予定候補が決意表明。さおとめ氏は「コロナの後、医療・福祉・教育を大事にする社会をつくっていきたい」、原氏は「命とくらし、安全を第一に考える市政をめざして全力で頑張る」と訴えました。

 市田氏が参加した演説会後に開かれた懇談会で1人が入党しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。