Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年7月21日(日)

最後の訴え 党幹部が全力

京都で市田副委員長

倉林候補


写真

(写真)訴える市田氏(左)と倉林候補=20日、京都市

 日本共産党の市田忠義副委員長は20日、京都府入りし、京都市と宇治市で街頭演説しました。「比例でも選挙区でも1票を争う大接戦、大激戦。比例で7議席、京都選挙区で日本共産党の倉林明子候補の再選を勝ち取り、くらしに希望の政治をつくろう」と力を込めました。
 地下鉄石田駅前(京都市伏見区)では倉林候補とともに訴え。市田氏は京都選挙区の構図について、自共対決だと指摘。「国政でも京都でも市民と野党の共闘を貫き、どんな問題でも自公政権と真正面から対決し、具体的解決策を示す日本共産党と倉林候補の支持を最後の最後まで広げ、歴史をつくろう」と呼びかけました。
 倉林候補は「当落線上の大接戦。1票、1票、1票を広げ、勝ち抜かせてください。国会で再び仕事をさせてください」と力いっぱい訴えました。
 話を聞いた同区の女性(80)は「共産党の提案は庶民の普通の暮らしの力になるものだと感じた」と期待を寄せました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。