Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年7月15日(月)

比例躍進の大波必ず

愛知 市田副委員長、井上比例候補が訴え

すやま候補も


写真

(写真)声援に応える、(正面左から)井上、市田、すやまの各氏=14日、愛知県一宮市

 日本共産党の市田忠義副委員長は14日、愛知県一宮市と春日井市で演説。大激戦の参院選で「比例は日本共産党躍進の大波を起こし、愛知選挙区の、すやま初美さんとダブル勝利を」と熱く訴えました。

 井上さとし比例候補は「アメリカからF35戦闘機を爆買いし、愛知を戦争準備の拠点にする税金の使い方は許さない。暮らしに希望の願いを日本共産党に」と力を込めました。すやま候補は「あなたは大切な存在なのだと言える日本をつくりたい。誰もが尊厳をもち安心して前を向いて生きるための一票を、どうか託して」と呼びかけました。

 市田氏は「減らない年金」への提案や「くらしに希望を―三つの提案」など共産党の提案を紹介。大企業への中小企業並みの課税や、大株主優遇の税制などをただせば財源はできると語り「企業献金を1円も受け取らず財界に遠慮なくものが言える日本共産党を躍進させ、三つの提案を実行しよう」と訴え、「毎日が投票日です。共産党躍進で希望に満ちた明るい日本をご一緒につくろう」と呼びかけ、拍手に包まれました。

 ネットで調べて聞きに来た一宮市の20歳の有権者は「お金をたくさん持っている人との格差をなくしてほしい。自分はトランスジェンダー。法整備をやってくれそうなところがいい。投票先はたぶん共産党かな」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。