Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年7月10日(水)

輿石元参院副議長 ともに訴え

山梨・市田副委員長


写真

(写真)声援に応える(左から)しいば、市田、いちき、輿石の各氏=8日、山梨県南アルプス市

 日本共産党の市田忠義副委員長は8日、山梨県南アルプス市で、しいばかずゆき参院比例候補と、いちき伴子同選挙区野党統一候補と共に街頭演説を行いました。輿石東元参院副議長も応援に駆け付け、市民と野党の共闘の勝利を訴えました。

 いちき氏は「野党共闘が実現したからには、勝たなければいけない」と決意表明。年金問題を取り上げ、「今の政権は私たちの暮らしや生活に向き合おうとしない政権だ」と批判し、政治の転換を訴えました。

 輿石氏は「日本共産党の街宣活動でマイクを握らせていただくのは、戦後74年で初めてです」と切り出しました。「(山梨から)新しい政治の流れをつくりたいとの思いは一つです」と訴えると、街頭から大きな声援が送られました。

 市田氏は、輿石氏、いちき氏の訴えに感動したと述べ、3年前の参院選で野党統一候補が勝利した時と同様、今回も党派を超えた団結の力で勝利をしよう、と力を込めました。また、比例で党の躍進を訴えました。

 市田氏はまた、年金問題が参院選の争点だと指摘し、高所得者優遇の保険料の上限見直しなど日本共産党の提案を示し、「減らない年金を皆さんとご一緒に実現しよう」と訴えました。

 しいば氏は、安倍政権から日本の農業を守ろうと訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。