Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年7月6日(土)

参院選勝利へ 党幹部駆ける

栃木・茨城で市田副委員長

梅村比例候補 大内選挙区候補


写真

(写真)声援に応える市田副委員長と大内参院茨城選挙区候補(右奥)=5日、水戸市

 日本共産党の市田忠義副委員長は参院選の期日前投票が始まった5日、栃木、茨城2県を駆け巡り「序盤の奮闘が選挙結果を左右します。市民と野党の共闘の勝利、日本共産党の躍進で希望ある新しい日本をつくろう」と呼びかけました。栃木県佐野市では梅村さえこ参院比例候補、水戸市では大内くみ子同茨城選挙区候補が訴えました。

 「全国は一つ。日本共産党と書いてくれる人を広げに広げ抜いてください」と切り出した市田氏。各地の街頭演説で、年金、消費税、憲法など参院選の争点について解明。9条改憲を掲げる自民党の公約を取り上げ「反戦平和を貫いてきた共産党の躍進で、ご一緒に憲法9条を守ろう」と力を込めました。

 佐野市の大型スーパー前では、聴衆の人垣ができ、買い物客らが足を止めました。

 市田氏は「何としても加藤ちほ野党統一候補を勝利させてほしい」と力説。梅村候補は「野党共闘の勝利、共産党の躍進で消費税増税をストップさせよう」と訴えました。

 佐野市の男性(78)は「消費税増税反対。共産党の主張が最も理にかなう。家族全員に共産党への支持を訴える」と感想を語りました。

 水戸市の2会場では、宣伝カー前に大きな人垣ができました。

 大内氏は「原発再稼働やめよ、原発ゼロをと訴える私を国会で働かせてほしい」と力を込めました。

 訴えを聞いた女性(70)は「原発は絶対動かさずに、安心して暮らせる政治にしてほしい」と語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。