Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年7月5日(金)

倉林再選・党躍進を

京都 市田副委員長訴え

滋賀・かだ氏応援


写真

(写真)声援に応える倉林候補(中央)と、駆け付けた市田副委員長(右端)=4日、京都市

 日本共産党の市田忠義参院議員・副委員長は参院選公示日の4日、京都市内の2カ所の街頭演説に駆け付け、比例での日本共産党の躍進と、改選数2を争う大激戦の参院京都選挙区で倉林明子候補の再選を呼びかけました。

 市田氏は、党の「三つの提案」と消費税に頼らない財源プラン、9条を生かした平和外交を訴え。「国政でも地方政治でも市民と野党の共闘を貫き、自民・公明の政治と真正面から立ち向かう日本共産党と倉林明子候補の勝利を」と強調しました。

 倉林候補は「2兆円で北陸新幹線を造るより、1兆円で国保料を引き下げ、命を守るのが政治の仕事」「京都で私が勝ってこそ、憲法9条守れの声を国政に届けることができる」と力を込めました。

 市田氏はこの後、滋賀県入りし、大津市の街頭で「比例代表選挙では『日本共産党』とお書きいただく方を全国に広げに広げていただいて、山下よしきさんをはじめ、7人以上必ず当選させていただきたい。滋賀選挙区は、市民と野党の統一候補・かだ由紀子さんを送り出していただきたい」と訴えました。

 佐藤耕平党県国民運動部長、節木三千代党県議団長が訴え、浄土真宗本願寺派福賢寺の三上章道住職が共産党への期待を語り、かだ候補のメッセージが読み上げられました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。