Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年6月23日(日)

参院選勝利へ各地で演説

暮らし守る提案に拍手


東京・荒川
市田副委員長

写真

(写真)訴える市田副委員長(壇上)=21日、東京都荒川区

 東京都荒川区で21日、日本共産党荒川地区委員会は、市田忠義副委員長・参院議員を迎えて初めての屋内演説会を行いました。市田氏は参院選での市民と野党の共闘勝利と党の躍進を訴えました。

 市田氏は冒頭、「命と暮らしがかかった選挙が目前に迫っている」と切り出しました。年金問題では「生活できる年金に底上げするのが政府の責任だ」と安倍政権を批判。党政策の「暮らしに希望を―三つの提案」を紹介すると、会場からは大きな拍手が起きました。

 市田氏はまた、党名に込められた意義について理念・歴史・語源の角度から説明し「知名度抜群の日本共産党の党名の由来と値打ちを、皆さん大いに広げよう」と呼びかけました。

 原純子参院比例予定候補が、福祉現場に携わってきた経験を語り「福祉現場で考えてきたこと、課題だと思ってきたことを政治の場で一つひとつ実現していくために全力を尽くします」と訴えました。

 大東文化大学名誉教授の尾花清さんは「今度の参院選は、改憲を進める自民党に野党が一致団結して向かっていく大事な選挙です」と訴えました。

石川2カ所
市田副委員長 井上比例予定候補 田辺統一予定候補

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は22日に石川県入りし、党国会議員を初めて迎えた能登町、そして野々市(ののいち)市の演説会で「市民と野党の統一予定候補・田辺とおる氏(国民民主党公認)勝利と共産党躍進で安倍政治にサヨナラし、くらしに希望の持てる日本を」と呼びかけました。

 市田氏は、国民に広がる年金不安の解消には「生活できる年金に底上げすべきだ」とし、年金給付水準を引き下げる「マクロ経済スライド」の廃止が必要だと指摘。「高額所得者優遇の厚生年金保険料の見直しなどで、制度の廃止は可能になる。『減らない年金』を実現させよう」と訴えました。

 田辺氏は、ドイツでのオペラ活動の経験から日本の労働条件の遅れを実感したと述べ、参院選に向け「自民党に勝つために、共産党の皆さんの力を貸してほしい」と語りました。

 井上さとし参院議員・比例予定候補は、志賀(しか)原発周辺の活断層を調査した取り組みを振り返り「いまだ発見されていない活断層は多い。志賀原発を廃炉にし、能登を再生可能エネルギーの花咲く地域にしよう」と話しました。

 野々市市では参院選立候補を取り下げた西村祐士氏(共産党県書記長)が、田辺氏勝利へ力を尽くす決意を表明しました。国民民主党県連代表の一川政之氏、いしかわ市民連合共同代表の須藤春夫氏があいさつしました。粟貴章市長のメッセージが紹介されました。

 能登町では、共産党の藤野やすふみ衆院議員のメッセージが紹介されました。

東京・福生
市田副委員長 吉良予定候補

写真

(写真)市田副委員長の話に拍手で応える参加者=21日、東京都福生市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は21日、在日米軍横田基地がある東京都福生市での演説会で、吉良よし子参院議員・東京選挙区予定候補とともに「安倍改憲さようならの審判を今度の参院選でご一緒にくだそう」とよびかけました。

 会場は参加者で満員になり、ロビーに用意されたモニターでも演説に耳を傾ける人の姿がありました。

 市田氏は、消費税10%増税中止、くらしに希望をもたらす「三つの提案」とその財源を語るとともに、安倍自民党の9条改憲を批判。自身の母親の言葉も紹介しながら、痛苦の教訓のもと不戦を誓って勝ち取ったのが憲法9条だとのべ、9条生かした平和外交で平和と安全を守る共産党の対案を語りました。

 この中で市田氏は、「主権が侵されているのは沖縄だけではない」と、夜遅くまで爆音と振動に悩まされる在日米軍横田基地周辺の住民の声を紹介。「植民地的な日米地位協定の締結以来60年間、一度も改定していない。抜本改正で当たり前の主権国家の道を歩もう」と呼びかけると、会場から大きな拍手が起こりました。

 吉良氏は「横田空域の返還や日米地位協定見直しのためにも国民の立場で米国にもの言える政府こそ必要。米国言いなりの安倍政権のもとでの改憲なんて絶対に許さない」と力を込め、野党の勝利と党躍進を訴えました。

 昭島市の女性(36)は「低空で米軍機が飛んでくるたび、2歳の子どもは『こわいこわい』としがみついてくる。私たちの生活の中を平和にしてほしい」と、吉良氏と共産党への期待を語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。