Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年6月21日(金)

買い物客ら熱心に

市田副委員長が団地演説

東京・町田


写真

(写真)団地内で開かれた街頭演説で訴える市田氏(車上左端)ら=メ日、東京都町田市

 東京都町田市で19日、夕暮れ時のスーパー近くの団地内で日本共産党街頭演説が開かれました。市田忠義副委員長が話し始めると、買い物袋を手に立ち止まる人、団地の窓から顔を出して聞く人の姿も見られました。
 市田氏は、消費税が5%から8%になって家計消費が年25万円減実質賃金も10万円下がったことを指摘し「こんなに暮らしが大変なときに消費税を10%に上げていいのか」と語ると、「いけない」と掛け声が飛びました。「2週間後に迫った参院選で市民と野党の共闘の勝利、日本共産党の躍進で増税ストップの審判を」と語りました。
 財源論について「米国の兵器を爆買いするときは何も言わず、年金を上げろと主張すると『財源がない』という」と安倍政権の対応を批判。大企業の優遇税制、富裕層への証券優遇税制、米軍への思いやり予算をやめれば財源は生み出せると訴えた市田氏は「企業献金を1円も受け取らない日本共産党を躍進させ、希望ある明るい暮らしの実現へ、ご一緒に頑張りましょう」と呼びかけました。
 池川友一都議が比例での躍進と吉良よし子東京選挙区候補の再選へ決意表明しました。
 沢田シヅ枝さん(66)は「共産党の提案の『8時間働けばふつうに暮らせる社会』がすごくお気に入り。息子たちは残業もあり給料も安く、8時間働いても普通に暮らせないからです」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。