Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年6月9日(日)

市田副委員長迎え演説会 仁比氏・犬塚氏

@佐賀


写真

(写真)演説会終了間際に駆け付けた大串氏(左から3人目)と手を取り合い、参院選必勝をアピールする市田副委員長(右から3人目)ら=8日、佐賀県多久市

 参院選で市民と野党の共闘の勝利、日本共産党の躍進をめざす党佐賀県委員会は8日、市田忠義副委員長を初めて多久市に迎え、演説会を開きました。

 国民民主党の原口一博国対委員長、参院佐賀選挙区で市民と野党の統一予定候補の犬塚直史氏が参加したほか、大串博志衆院議員(無所属)も演説会終了直前に駆け付け、熱気に包まれました。

 市田氏は、市民連合と野党が合意した参院選の共通政策に「原発ゼロの実現」が盛り込まれたことを紹介。玄海原発(同県玄海町)の廃炉を含む原発のない希望ある日本をつくるため、「統一候補の勝利とともに日本共産党の躍進を」と強調しました。

 さらに市田氏は、麻生太郎副総理が将来の年金給付削減を前提とし、国民に老後は2000万円の貯金が必要と押し付けたことを批判。「減らない年金」の確立と、消費税増税とは別の財源で低年金者全員の年金給付底上げを掲げる党政策を「共産党を大きくして実現させようではありませんか」と訴えました。

写真

(写真)党演説会に駆け付けた原口(左端)、犬塚(右から2人目)両氏と、市田副委員長(右端)ら=8日、佐賀県多久市

 大森斉県党国政対策委員長、真島省三党衆院比例予定候補も訴え、仁比そうへい党参院比例予定候補のビデオメッセージ、新社会党県本部の高木佐一郎委員長のメッセージが紹介されました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。