Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年4月17日(水)

民意無視の安倍政治に審判を

東京・江東 市田副委員長が演説


写真

(写真)訴える市田副委員長(中央)と江東区議選候補者=16日、東京都江東区

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は16日、東京都江東区内3カ所で街頭演説し、区議選での日本共産党の候補者8人の全員当選と、この夏の参院選挙での躍進で「うそと忖度(そんたく)、民意無視の安倍政治に審判を下そう」と訴えました。

 江東区議選は、44の定員に対し57人が立候補。日本共産党は、7議席から1増の8議席に挑みます。

 市田氏は、消費税10%増税や国民健康保険料引き上げなど、安倍暴走政治を告発しました。

 児童館や福祉会館など市民のための施設を次々に民営化した江東区政には「お金がないのではなく、福祉の心がない」と批判した市田氏。ため込み金を活用し、給食費無料や子どもの医療費を18歳まで無料にするために、日本共産党の8人の候補者全員の当選で実現させようと呼びかけました。

 映像ディレクターから区議候補になった大滝とおる候補=新=は、長野に住む両親を通いながら介護した経験を語り、1231億円のため込み金は認可保育園や特別介護老人ホームの増設などに使うべきだと述べ、介護している家族が笑顔になれる区政に変えようと呼びかけました。

 すがや俊一=現=、畠中ひろし=新=、大つきかおり=現=の各候補がそれぞれ訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。