Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年4月14日(日)

「オール沖縄」底力発揮を

衆院沖縄3区補選 ヤラ候補勝利へ訴え

市田氏応援


写真

(写真)声援にこたえる(右から)市田、ヤラ、高良、赤嶺の各氏=13日、沖縄県沖縄市

 少しの油断も許されず、総力を発揮しなければならない大激戦の衆院沖縄3区補選(21日投票)―。日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は13日、沖縄県名護市辺野古米軍新基地建設のストップを目指し、玉城デニー県政を支える立場の「オール沖縄」のヤラともひろ候補の必勝のため、沖縄市内で開かれた党主催の演説会で訴えました。

 市田氏は「この選挙の勝利は、新基地を断念させ、安倍政権に痛打を与え、オール沖縄、市民と野党の共闘の前進、『安倍政治さよなら』につながる」とし、「オール沖縄の底力を今こそ発揮しよう」と呼びかけました。

 ヤラ氏は、沖縄の新基地反対の民意や民主主義をないがしろにし、憲法改悪を狙う安倍政権を批判。「沖縄に基地を押し付ける情けない日本の防衛・外交は、もうやめにしよう」と訴えました。

 市田氏は、政府が無法な土砂投入を続けているが、「軟弱地盤」の問題で新基地建設は技術的にも不可能だと指摘。「オール沖縄が結束し、ヤラさんが勝利し、全国が連帯すれば基地は決してつくれない」と訴えました。

 市田氏は消費税10%増税や安倍9条改憲も大事な争点だと強調。共産党の追及で論拠が完全に破たんした消費税増税は今からでも止められるとし、10%増税ノーのヤラ氏の必勝を呼びかけました。

 「オール沖縄会議」の高良鉄美共同代表、日本共産党の赤嶺政賢衆院議員らも訴えました。(関連記事1)(関連記事2)



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。