Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年4月7日(日)

大接戦・大激戦 支持広げ切ろう

森下・しおがい・かわむら府議候補

京都府内3カ所 市田副委員長


写真

(写真)街頭から最後の支援をよびかける(左から)市田、森下の両氏=6日、京都府八幡市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は6日、京都府南部の3カ所の街頭演説に駆けつけ、一票を争う大接戦の府議選で「『自共対決』の大激戦。これからの奮闘が勝敗を決する。あと一回り二回りの支持を広げ切ってほしい」とよびかけました。随所で「そうだ」とかけ声が飛び、車やバスから手を振る人が相次ぐなど熱気にあふれました。
 定数2の八幡市区で前回、初めて党議席を獲得した森下よしみ候補=現=、京田辺市・綴喜郡区で、しおがい建夫候補=新=、城陽市区で、かわむら明子候補=新=がともに決意を語りました。
 市田氏は、安倍首相への「忖度(そんたく)」で塚田国土交通副大臣が辞任に追い込まれた問題に触れ「『森友』疑惑と全く同じ。安倍政権の体質そのものだ。ウソのかたまりのような政治を日本共産党の躍進で終わりにしよう」と強調。
 リニア新幹線や北陸新幹線延伸を推進する府政を告発し「そんなお金があるのなら、暮らし、福祉を充実させるためにお金を使えの声を党候補へ託してほしい」と述べました。
 1人落ちの大接戦の森下候補は「住民の願い、請願にことごとく反対する『オール与党』に私たちの願いは託せない。みなさんの願いをまっすぐ必ず府政に届ける」と支援をよびかけました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。