Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年4月6日(土)

岡野・山本・鈴木氏勝利を

三重・津・四日市 市田副委員長


写真

(写真)声援にこたえる市田副委員長と山本りか県議候補(右端)、鈴木かなこ知事候補(左端)=5日、三重県四日市市

 日本共産党の市田忠義副委員長は5日、三重県入りし、津市と四日市市で街頭演説に立ち「1票争う大激戦の三重県議選で共産党の2議席を守り抜き、連続選挙で野党共闘勝利、党躍進で安倍政治にさよならを」と訴えを響かせました。

 両会場とも立ち止まる人の輪が広がり、「共闘で安倍政権の政治を変えて」と期待が寄せられました。

 市田氏は、前回選挙で党県議が0から2議席になり県議会が様変わりしたと紹介。「59件の請願の紹介議員になり49件が採択」「子ども医療費窓口無料化実現」など党議席の抜群の値打ちを語り「共産党の県議を再び送り、県政に福祉の心を取り戻そう」と力を込めました。

 消費税10%ノー、国保料引き下げ、憲法9条守れの願いを「党派を超えて共産党に」と語り「三重から政治の夜明けを」と呼びかけました。

 県議選津市区(定数7)の岡野恵美候補が「増税中止を求める請願に賛成したのは津市区では私だけ。増税ノー、国保引き下げの願いを共産党に託して」と訴え。大門大通り商店街振興組合の山田和弘理事長が応援スピーチしました。

 四日市市区(定数7)の山本りか候補は「安倍政権言いなり、国民・県民いじめの県政と対決する共産党への支持を広げて」と呼びかけ。鈴木かなこ知事候補が県政転換への決意を訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。