Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年4月2日(火)

大和田・岩崎両氏勝利を

横浜・戸塚区で市田副委員長


写真

(写真)激励の拍手を受ける(左から)岩崎、市田、大和田の各氏=1日、横浜市戸塚区

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は1日、横浜市戸塚区の駅頭で「選挙勝利で安倍政権を退陣に追い込み、消費税10%増税もろとも決着をつけよう」と、7日投票の神奈川県議選・市議選での支持を呼びかけました。

 市田氏は、▽消費税増税の中止▽国保料引き下げ▽憲法を守る▽自治体に福祉の心を取り戻す―の「四つの願い」を共産党に託してほしいと強調しました。

 県・市政の問題では、自民党、公明党が支える、住民に冷たい政治に唯一対決し、子どもの医療費助成制度などの施策拡充に取り組んできたのが共産党だと説明。「共産党への支持を広げに広げていただき、躍進させてほしい」と訴えました。

 県議選(定数3)で現職3人に挑む、新人の大和田あきお候補は「全国3位の財政力を持ちながら、少人数学級を実現しないのは、県政の怠慢だ」と批判。42年間の高校教員としての経験を生かし、笑顔が生まれる学校をつくると力を込めました。

 市議選(定数6)で4期目をめざす岩崎ひろし候補は、議会でカジノ誘致推進の声は小さく、中学校給食実施の声は大きくなってきたと語り「市民の怒りが自民党を追い詰めている。あと一押しで願いが実現します。私を必ず勝ち抜かせてほしい」と訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。