Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年4月1日(月)

政治を変えよう

たけやま・かみね・島田西村・山田・ほり各氏を

京都で市田副委員長


写真

(写真)声援に応える市田副委員長(右)と、たけやま府議候補=31日、京都府長岡京市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は31日、京都府長岡京市、京都市右京区西院の2カ所で、府議、京都市議候補らとともに訴えました。

 市田氏は、統一地方選、参院選と連続する選挙での日本共産党の勝利で「安倍政権退陣、消費税増税ストップに追い込み、国保料引き下げを」と訴え。前回選挙での党の躍進、昨年の知事選での大善戦で、現知事も子どもの医療費助成拡大を約束せざるを得なくなったこと、京都市議団の奮闘で、市が自衛隊へ若者の個人情報を提供できなくなっていることなどを紹介。「季節の春はやってきたが、政治の春は自動的には来ない。共産党の勝利で春を呼ぼう」と呼びかけました。

 前回28票差の僅差まで迫った長岡京市・乙訓郡区(定数2)で16年ぶりの党議席奪還をめざす、たけやま彩子府議候補は「介護と子育てのダブルケア世代の代表として、府議会へ送り出してほしい」と訴え。

 西院では、マスコミも激戦と注目する右京区(定数府議会5、市議会9)の、かみね史朗、島田けい子両府議候補、西村よしみ、山田こうじ、ほり信子の各市議候補が訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。