Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年3月31日(日)

新しい政治 市民とともに

ふしき・きのせ・藤井各氏を

滋賀で市田副委員長


写真

(写真)市田副委員長の訴えを聞く人たち=30日、滋賀県草津市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は30日、滋賀県内3カ所の街頭で、ふしきみちよ、きのせ明子、藤井みえ子の各県議候補とともに訴えました。

 市田氏は、統一地方選と参院選が「政治を変える絶好のチャンス」だと力説。「連続選挙での日本共産党の躍進で消費税増税ノーの審判を下そう」「国保を引き下げる願いを日本共産党に託してほしい」と訴えました。

 また、4年前の県議選でゼロから3議席に躍進した日本共産党県議団の役割と実績を縦横に語り、代表質問権・議案提案権のある5議席以上に躍進させてほしいと党派を超えた支援を訴えました。

 2人はみ出しの大激戦・大接戦をたたかう大津市区(定数10)の、ふしき候補は「ふしきみちよへの一票で福祉の心を県政に取り戻そう」と呼びかけ。3度目の挑戦となる、きのせ候補は「自民・公明を少数に追い込んで暮らしに希望の持てる県政に」と力を込めました。

 1人はみ出しの少数激戦をたたかう草津市区(定数4)の藤井候補は、中学3年生までの医療費無料化の願いを託してほしいと訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。