Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年3月11日(月)

県民要求実現の確かな力

千葉・松戸市市田副委員長


写真

(写真)訴える市田氏=10日、千葉県松戸市

 日本共産党の市田忠義副委員長は10日、千葉県松戸市で開かれた党演説会で、統一地方選挙勝利と、参院選での市民と野党の共闘の勝利、共産党の躍進で「安倍政権にサヨナラの審判を下そう」と訴えました。
 統一地方選挙をたたかう、みわ由美県議(松戸市区、定数7)と、佐竹ともゆき=現=、松原よし子=新=の鎌ケ谷市議候補が決意表明。しいばかずゆき参院比例候補と浅野ふみ子同千葉選挙区候補も訴えました。
 市田氏は、消費税増税、「戦争する国」づくり、沖縄の米軍新基地建設の問題で、安倍政権の暴走ぶりを批判。この中で「統一地方選、参院選での共産党の躍進が、増税ストップの最も確かな力になる」と力を込めました。
 市田氏は、前回県議選で4から5議席に前進し、県立高校へのエアコン設置など県政を動かしてきた共産党県議団の実績を紹介。「8議席になり議案提出権を獲得すれば、県民の切実な要求実現に道を開く」と訴えました。
 みわ県議は「共産党だからこそ妨害と壁を打ち破り県政を動かすことができる」と力説。鎌ケ谷市議候補も「オール与党の市議会の中で、共産党の議席がどうしても必要」(佐竹氏)、「必ず議席を引き継ぐ」(松原氏)と決意を語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。