Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年3月11日(月)

茅ケ崎初の党県議を

神奈川・茅ケ崎市田副委員長


 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は9日、神奈川県茅ケ崎市の党演説会で「統一地方選と参院選で勝利し、強権政治に地方からノーの審判を下そう」と呼びかけました。
 市田氏は「連続選挙の争点になる」と強調し、消費税増税や改憲の問題での国政の状況を報告しました。
 県政については、ゼロから6議席に躍進した党県議団が、県民の願い実現の懸け橋となってきたと説明。「現有議席を必ず確保し、9議席以上への躍進で議案提案権を得れば、県民の願い実現の力がさらに大きくなる。茅ケ崎から沼上とくみつ候補を送り出そう」と呼びかけました。
 同市では、県議選の定数3を現職2人と自民党新人2人ら6人が争う構図です。
 初の党議席獲得をめざす沼上候補は、市議団長として求めてきた中学校給食はようやく実現の方向だが、実施方式が課題だと指摘。「県が補助金制度をつくれば、自校で調理する方式を全県に広げられる。県政を変えるため、必ず勝たせてほしい」と訴えました。
 しいばかずゆき参院比例候補、市議選(定数28)の中野ゆきお=現=、金田としのぶ=新=の両候補が決意表明し、あさか由香参院神奈川選挙区候補と岸牧子知事候補=新、共産党推薦=のメッセージが紹介されました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。