Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2019年2月4日(月)

共産党大きく 各地で訴え


山形・鶴岡市で市田副委員長

関とおる県議、吉田県議予定候補、紙参院議員、はまだ選挙区予定候補

 山形県議選で日本共産党の現有2議席の絶対確保と議席増、参院選で躍進をと山形県鶴岡市で3日、市田忠義副委員長・参院議員を迎えた党演説会が開かれました。

 市田氏は、統計偽装や憲法改悪、消費税増税など暴走する安倍政権を痛烈に批判し「本気の共闘で安倍政権を追い詰めよう」と呼びかけ。県政では、県民とともに少人数学級の実施や私学助成の拡充を実現してきた党県議団の抜群の働きと値打ちを示し「共産党の議席が伸びれば、住民要求が実現します」と力を込めました。

 鶴岡市選挙区(定数5)で2期目をめざす関とおる県議は、非正規労働者の正社員化の奨励金事業や種子条例の制定など、党の2議席で実現した実績を報告。自民系会派が7割以上を占める現状を打破するため「野党の共闘と共産党の躍進が不可欠」と訴えました。

 12年ぶりに候補者を立てる酒田市・飽海(あくみ)郡区(定数5)でたたかう吉田武県議予定候補は、水道民営化や自治体職員の非正規化にストップをかけると力強く語りました。

 紙智子参院議員は、自由化路線で農業を壊す「亡国の農政」を批判し、「みなさんと気持ちをひとつに頑張ります」と訴えました。

 はまだ藤兵衛参院選挙区予定候補が決意を表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。