Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年12月17日(月)

京都・城陽 定数2府議選勝とう

市田・倉林氏ら訴え


写真

(写真)市田副委員長の演説を熱心に聞く会場いっぱいの参加者=15日、京都府城陽市

 来年の統一地方選、参院選に必ず勝利しようと、京都府の日本共産党洛南地区委員会は15日、城陽市で市田忠義副委員長・参院議員を迎えた演説会を開きました。倉林明子参院議員、かわむら明子府議予定候補、ごどう辰文、若山のり子、西よしのりの各城陽市議、谷口公洋市議予定候補が訴えました。

 市田氏は、臨時国会で重要法案を「議論したらキリがない」などとまともに審議をせず次々と強行した安倍政権を厳しく批判。「これらは安倍政権の強さではなく、行き詰まりのあらわれだ」と述べ、市民と野党の本気の共闘で参院選32の1人区すべてで自民党を打ち負かし、京都では比例30万、倉林参院議員の再選で「安倍政権を退陣に追い込もう」と呼びかけると、会場から「そうだ」の声が湧き起こりました。

 安倍政権と一体で住民の福祉とくらしを削る、今の京都府政を批判し「住民の声をまともに議会に届けるために、定数2の城陽選挙区から初の共産党府議を誕生させよう」と、かわむら予定候補の必勝と4人の城陽市議実現を訴えました。

 倉林氏は、臨時国会で野党共闘がさらに発展したことを語り「共産党が伸びることが安倍政権を倒す大きな力になる」と、選挙勝利を訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。