Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年12月3日(月)

共産党躍進へ決意みなぎる 演説会

増税・改憲阻む展望示す

埼玉・伊奈町 市田副委員長


写真

(写真)満員の聴衆の前で訴える市田氏=2日、埼玉県伊奈町

 日本共産党の市田忠義副委員長は2日、埼玉県伊奈町で開かれた演説会で、来年の統一地方選挙、参院選での日本共産党の躍進を訴えました。

 梅村さえこ(比例)、伊藤岳(埼玉選挙区)の両参院選予定候補、秋山もえ県議予定候補(上尾市議)、北本市、鴻巣市、伊奈町の各予定候補者が決意表明しました。

 市田氏は、二つの選挙の重大争点として、消費税増税と9条改憲を挙げ、消費税に頼らない税財政改革と、改憲阻止に向けた展望を語りました。

 「自治体にとって一番大事なことは住民の福祉の向上です」と切り出した市田氏。上田清司埼玉県政が地方自治体の役割に反し、教育、暮らし、福祉を切り捨てる一方で、八ツ場(やんば)ダムなどの大型公共事業や企業誘致に巨額の税金をつぎ込んでいることを批判しました。

 市田氏は、改憲を主張する知事の右翼ぶりを指摘し、自公などの与党がこれを支えている様子を告発。「こうした県政に正面から立ち向かっているのが日本共産党の5人の県議団です」と紹介すると、会場から「いいぞ」の声が。県議団が住民の要求と結んで、さまざまな制度を実現してきたことにふれ「5議席を確保し、議案提案権を得られる8議席に前進させてほしい」と呼びかけると、参加者は大きな拍手で応えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。