Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年11月19日(月)

苦難に寄り添う党躍進を

領土問題の解決こそ 北海道小樽市 市田氏


写真

(写真)参院選と地方選での日本共産党の躍進を訴える市田氏(壇上)=18日、北海道小樽市

 日本共産党小樽地区委員会は18日、北海道小樽市で市田忠義党副委員長を迎えて党演説会を開きました。

 市田氏は日ロ領土問題について、歯舞、色丹2島の「返還」で平和条約を結んでしまう危険をはらんだ安倍首相の動きを強く批判。「北海道の一部の歯舞、色丹はもちろん、千島列島全体が日本の領土だと堂々と返還を求め、領土問題を解決してから平和条約を結ぶべきだ」と強調しました。

 参院選では、農林漁業を守る先頭に立ってきた紙智子参院議員をはじめ比例で7人以上、北海道選挙区では衆院議員として安倍首相と国会でわたりあってきた、畠山和也参院選挙区予定候補を国会になんとしても送り出そうと呼びかけました。

 市田氏は北海道政について、重度障害者の負担増など暮らしの予算を削り、大型開発に巨額の税金をつぎ込む高橋はるみ道知事を「安倍暴走政治の先導役」と指摘。これと対決し、高等養護学校増設や3歳児未満の保育料無料化などを実現してきた道議団の実績を紹介し、「党道議団の現有4議席を絶対に確保し、9議席以上をめざそう」と訴えました。

 再選をめざす菊地よう子党道議と、小樽市議選の5予定候補が紹介されました。菊地道議は、「カジノ誘致を進める高橋知事とたたかい、暮らしの声を届けるため全力を尽くします」と決意を表明しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。