Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年11月4日(日)

その訴え 胸に響いた

共産党演説会躍進期し熱気


千葉・八千代 市田副委員長

写真

(写真)聴衆の拍手に応える市田氏=3日、千葉県八千代市

 日本共産党の市田忠義副委員長は3日、千葉県八千代市で開かれた党演説会で、同市議選、来年の千葉県議選、参院選での日本共産党の躍進を訴えました。

 同市議選(12月9日告示)をたたかう植田進、堀口明子、いはら忠=以上現=、いいかわ英樹=新=の各予定候補、浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補、上野ひろつぐ県議予定候補(八千代市区)がそれぞれ決意表明。しいばかずゆき参院比例予定候補のメッセージが紹介されました。

 市田氏は、安倍政権の破たんぶりを、(1)民意無視の強権政治の破たん(2)ウソと隠ぺい、差別政治の破たん(3)「戦争する国づくり」の破たん(4)経済・外交の破たん―四つの角度から解明。この中で「沖縄県知事選挙での玉城デニー知事の勝利は、大義の旗を掲げ、結束し、不屈にたたかうならば、どんな強権政治もはね返せることを示した。団結し、最後までたたかい抜く」と力を込めました。

 「破たんしながらも自ら辞めることがない安倍政権には、国民の力で引導を渡すしかない」と切り出し、国民運動の発展と市民と野党の共闘の発展、日本共産党の躍進を訴えた市田氏。「この三つの方法で安倍政権を退場に追い込もう」と訴えると、会場から「そうだ」の声が返りました。

 市田氏は、日本共産党の党名について、理念、歴史、語源の三つの角度から解明。「党名の値打ちを堂々と語り広げよう」と訴えると、参加者は大きな拍手で応えました。

 うなずきながら訴えを聞いていた男性(49)は「今日の話はすべて胸に響きました。政権交代を実現するまで声を上げ、頑張りたい」と感想を語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。