Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年10月22日(月)

青年の集いに市田氏 さいたま


写真

(写真)未来社会について語る市田副委員長(中央)=21日、さいたま市中央区

 日本共産党埼玉県委員会と民青同盟埼玉県委員会は21日、市田忠義副委員長・参院議員を迎え「綱領と未来を語る青年のつどい」を、さいたま市で開きました。

 集いでは、市田副委員長が学生時代など、これまでの活動を振り返り、党綱領が生き方の羅針盤になったと述べました。

 市田副委員長はまた、資本主義社会の矛盾をどう乗り越えるかについて綱領の立場で解説し、未来社会論について「全ての人間の自由、人間解放、全面的な能力の開花が可能になる社会です。そういう社会をつくるための手段が、生産手段の社会化です」と紹介しました。さらに、AI(人工知能)などの科学技術の発達が人間と社会の発展に使われることで、労働時間が短縮し、自由な時間が増えると語りました。

 参加者からは「なぜ安倍政権はアメリカに物が言えないのか」や「若い人は社会に対して人ごとではないか」などの質問が出され、市田副委員長は、一つひとつ丁寧に答えました。参加した男性(28)は、資本主義の矛盾の中で「(資本主義に)魅力を感じていない若者は少なくないと思います。自由な時間が増えたら自分の能力を発展させたいです」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。