Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年10月14日(日)

日本共産党常任活動家追悼式

新たに180人を合葬


写真

(写真)第33回合葬追悼式で献花する遺族=13日、東京都八王子市の上川霊園

 全国の日本共産党常任活動家を合葬する第33回合葬追悼式が13日、東京都八王子市の上川霊園で開かれました。今回合葬されたのは180人で、合葬者は計4238人になりました。71遺族、137人が参列しました。

 岩井鐵也・合葬委員会副責任者が司会を務め、太田善作・合葬委員会責任者が合葬者を紹介しました。

 黙とう後、党中央委員会を代表して市田忠義副委員長があいさつし、今回合葬された方々をはじめ幾多の先人たちの不屈のたたかいを受け継ぐと述べました。(要旨別項

 遺族を代表し2人があいさつしました。故柳浦敏彦さん(元幹部会委員)の妻の文子さんは、闘病中の夫の傍らにはいつも不破哲三氏の著書があったと紹介し「綱領に沿って日本が民主的に変革していくことを本当に願って、その一員として何ができるかをいつも考えていたのだと思う」と振り返りました。

 故谷(つるたに)鐵男さん(元静岡県沼津市議)の妻の幸子さんは「最後まで人々の幸せを願い生きてきた信念は、ぶれることはなかった。私は夫の人生を誇りに思います。夫の思いをしっかり受け止め、仲間の皆さんとこれからも頑張ります」と述べました。

 参列者全員が献花し、墓前で記念撮影しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。