Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年9月25日(火)

沖縄知事選・参院選・地方選勝利へ

各地で党演説会


埼玉・川口で市田副委員長

写真

(写真)市田副委員長の訴えを聞く参加者=24日、埼玉県川口市

 埼玉県川口市で24日、日本共産党演説会があり、30日投票の沖縄県知事選勝利、来年の参院選・統一地方選での共産党躍進へ、力を合わせようと決意を固めました。

 市田忠義副委員長、梅村さえこ参院比例予定候補、伊藤岳埼玉選挙区予定候補、村岡まさつぐ県議が訴え、会場は熱気に包まれました。

 市田氏は、どうやったら暴走する安倍政権を倒すことができるのかと問いかけ、安倍首相が権力を維持してきた手法について、(1)疑惑があっても国民に忘れさせる(2)悪法を強行してあきらめさせる(3)国民の中に対立・分断を持ち込む―の三つだと指摘。「それならば逆をやればいい。悪事を忘れず選挙で審判、あきらめないでたたかう、立場の違いを超えた連帯をすることが勝利の方程式です」と市田氏が語ると、会場はうなずきの声と大きな拍手に包まれました。

 今夏に入党したばかりの48歳男性は「市田さんの話を聞いて共産党の名前にはコミュニティーという良い意味があることを改めて知った」と語りました。

 梅村氏は、沖縄に知事選応援に行った経験を紹介。「学んだことはオール沖縄の歴史、みなさんの情熱、未来への希望でした」と述べ、デニー候補勝利を呼びかけました。

 演説会の取り組みを通じて5人、当日2人を党に迎えました。その一人、25歳の男性は「ニュースは自民党寄りだけど、本当はどうなのかが聞けてよかった。少しでもそのことを伝えられれば」と語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。