Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年7月17日(火)

反戦の歴史貫こう

石川・白山で市田・井上氏


 日本共産党石川県委員会は16日、石川県白山市で市田忠義副委員長・参院議員を迎えて演説会を開きました。「市民と野党の共闘、日本共産党の躍進で自公政治を終わらせよう」との弁士の訴えに、猛暑の中をつめかけた会場いっぱいの聴衆が大きな拍手で応えました。

 市田氏は、憲法改悪や消費税増税などに執念を見せる安倍自公政権を市民と野党の共闘で打ち破ることを呼びかけながら、前日に創立96周年を迎えた日本共産党の歴史、理念、値打ちを縦横に語りました。「共産党は結党から民主主義の旗を掲げ、侵略戦争反対を貫いた歴史があります。今は激動の時期。自身の幸せと社会進歩を重ね、次の世代に引き継ぐたたかいをともに」と呼びかけました。

 井上さとし参院議員は、西日本豪雨災害の対応を後回しにして国会でカジノ法案の審議を強引に進める安倍政権を批判。「被災地の命を軽んじる政治を、皆さんとともに変えたい」と訴えました。

 来年夏の参院選をたたかう西村ひろし石川選挙区予定候補が「憲法9条を生かした平和外交を実現させる」と表明。3期目を目指す佐藤まさゆき県議は福祉、教育施策の拡充をめざすと語りました。金沢市、野々市市、宝達志水町、志賀町、津幡町、内灘町の各予定候補者が登壇しました。

 「いしかわ市民連合」共同代表で法政大学名誉教授の須藤春夫氏が、連帯のあいさつをしました。

 山田憲昭・白山市長が、住民福祉向上のため精力的に活動する共産党に「敬意を表します」とメッセージを寄せました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。