Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年6月18日(月)

「歴史つくり未来開く」

福井市で市田氏


写真

(写真)会場いっぱいの来場者を前に演説する市田氏=17日、福井市

 来年の参院選と統一地方選の勝利をめざし、日本共産党の市田忠義副委員長を迎えた演説会が17日、福井市で開かれました。内政・外交とも破綻した安倍政権の打倒を掲げ、比例目標「850万票、15%以上」の実現で市民と野党の共闘、共産党の勝利を勝ち取ろうと呼びかけた市田氏の訴えに、会場いっぱいの聴衆から大きな拍手が起こりました。

 市田氏は、12日の歴史的な米朝首脳会談を歓迎し、日本共産党が訴えてきた通り、「非核化」と「平和体制構築」の一体的で段階的な解決の方向に事態が進んでいるとして「道理の力こそ外交にとって決定的だ」と強調。「日朝平壌宣言の精神に立ってこそ、諸懸案の解決も実現できる」と指摘しました。

 頑張れば野党連合政権も可能な大激動の情勢の今、「歴史をつくり未来を開く生き方に足を踏み出そう」と呼びかけました。

 藤野保史衆院議員は、安倍政権による国政私物化を「絶対に曖昧にできない。安倍首相が辞めるまで追及する」と訴えました。

 「戦争する国づくり反対!福井総がかりアクション」の屋敷紘美代表は「共産党員の皆さんが下支えし、前面でたたかってくれるから(市民と野党の共闘の)この枠組みは発展する」と述べました。

 山田かずお参院選挙区予定候補と、さとう正雄県議予定候補、鈴木しょうじゅ、山田ふみは両福井市議予定候補が決意表明しました。

 福井市の女性(66)は「話を聞き、近所の人たちにも声をかけて頑張っていきたいと思った」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。