Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年6月12日(火)

各地で演説会

憲法守る共産党大きく

盛岡市で市田副委員長

紙参院議員訴え


写真

(写真)市田副委員長の演説を聞く会場いっぱいの参加者たち=10日、盛岡市

 来年の参院選と、統一地方選・延期選挙での躍進に向け、日本共産党岩手県委員会は10日、盛岡市で市田忠義副委員長を迎えた演説会を開きました。

 市田氏は12日からの米朝首脳会談について、朝鮮半島の非核化と北東アジアの平和構築をめざすなか、日本共産党が関係国へ要請した方向で事態が動いてきたと説明。党綱領の力が際立っており、「確信を持って、新しい歴史の流れをつくろう」と強調しました。

 市田氏は「共産党員は自分とみんなの幸せのために、羅針盤を持った生き方を選んでいる」と紹介。野党連合政権に挑む歴史的な時代を迎え、「ご一緒に、やりがいのある人生へ足を踏み出そう」と呼びかけました。

 紙智子参院議員は「森友・加計疑惑の真相究明に背を向ける安倍政権は退陣を」と訴えました。

 地方選をたたかう照井メイ子花巻市議、庄子春治盛岡市議、斉藤信県議が決意表明。達増拓也知事、戸羽太陸前高田市長のメッセージが紹介されました。

 盛岡市の男性(54)は「自分たちが歴史の変わり目に生きているということが理解できた。紙さんの農業の話もよかった」と話しました。

 演説会終了後、3人が入党しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。