Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年5月27日(日)

激動の時代、党躍進めざす

各地で演説会


和歌山で市田氏

写真

(写真)声援に応える(右から)東芝、宮井、市田、前、阪本、高本、伊丹の各氏=26日、和歌山県かつらぎ町

 和歌山県の日本共産党紀北地区委員会は26日、市田忠義副委員長・参院議員を迎えて和歌山県かつらぎ町で演説会を開きました。

 市田氏は、森友、加計問題で次々明らかになる文書を示し「安倍首相夫妻の関与は明らかだ」と告発。自衛隊日報の隠ぺい、セクハラ問題などを挙げ、もはや「政権失格」と退陣を求めました。

 米朝会談についても外交解決の可能性が残されたことを強調し、圧力一辺倒の安倍政権を批判するとともに、対話での解決を一貫して追求する日本共産党の姿を紹介しました。また、全ての人間の自由で全面的な発展をめざす党の未来社会論や、反戦・平和を貫いてきた党の歴史と党名の由来などを紹介し、党躍進を訴えました。

 前久参院和歌山選挙区予定候補、かつらぎ町議選(7月17日告示、22日投票)の宮井けんじ、東芝ひろあき両町議や、来春の統一地方選へ向け橋本市の阪本久代、高本勝次両市議、九度山町の伊丹俊也町議が決意表明しました。

 市田氏と懇談した元かつらぎ町長の南衞さん(83)は「命を大切にする国政でないとダメだ。一日も早く安倍政権を倒してほしい」と話しました。

神奈川で市田氏

写真

(写真)満員の聴衆の前で訴える市田氏=25日、神奈川県藤沢市

 日本共産党の市田忠義副委員長は25日、神奈川県藤沢市内で開かれた党演説会で、2019年の参院議員選挙、統一地方選挙での躍進を訴え、「市民と野党の共闘を前進させ、日本共産党の前進を勝ち取る。そのために強く大きな党をつくろう」と呼びかけました。

 あさか由香参院神奈川選挙区予定候補、しいば寿幸同比例予定候補、いずれも統一地方選挙をたたかう加藤なを子県議(藤沢市)、柳沢潤次、土屋俊則、山内幹郎、味村耕太郎の各藤沢市議が決意を語りました。

 「今、安倍政権を土台から揺さぶる大激動が起こっている」と切り出した市田氏は、公文書改ざん、隠ぺい問題、北朝鮮をめぐる動き、9条改憲、アベノミクスの破綻などに言及。共産党の対案、政策を示し、「疑惑の真相究明、徹底追及、悪法は徹底審議・廃案。世論と野党共闘、国会論戦で、今度こそ安倍政権を退陣に追い込もう」と訴えました。

 市田氏は、日本共産党の党名に込められた思いを、(1)理念(2)歴史(3)語源―の三つの角度で丁寧に紹介。党名をころころ変える政党が多い中で「96年間、一つの党名を貫き通すことができたことが誇りです」と力を込めました。

 「激動の時代に歴史をつくり、未来を開く生き方に踏み出そう」と訴えた市田氏。「自分の幸せと社会の進歩を重ねて生きる、そういう生きがいのある人生を送り、次の世代の人々に歴史をつなごう」と呼びかけると、会場から割れんばかりの拍手が起こりました。

 知人と参加した年配の女性は「話を聞いて気持ちが燃え上がってきた。生涯頑張る」と感想を語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。