Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2018年5月20日(日)

安倍政権に憲法語る資格なし

横浜 市田副委員長が訴え


写真

(写真)日本共産党躍進の大波をと訴える市田氏=19日、横浜市神奈川区

 来年の参院選と統一地方選勝利に向けた日本共産党演説会が19日、横浜市神奈川区で開かれ、市田忠義副委員長・参院議員が、しいば寿幸参院比例予定候補、あさか由香参院神奈川選挙区予定候補、宇佐美さやか市議予定候補=現=の勝利を訴えました。

 9条改憲問題で市田氏は、安倍首相が9条に書き込もうとしている自衛隊は、安保法制の下で、海外での無制限の武力行使ができる自衛隊だと強調。「米軍と自衛隊の中枢の基地が置かれている神奈川県では、住民がさらなる危険にさらされることになります。憲法違反を繰り返す安倍政権に憲法を語る資格はありません。変えるべきは憲法ではなく安倍政治だ」と訴えました。

 最後に市田氏は、最近発表された「入党のよびかけ」の最後の部分を読み上げ、心を込めて入党を訴えました。

 しいば予定候補は、オスプレイの米軍横田基地(東京都)への配備と横浜ノース・ドック(神奈川区)への陸揚げに日本政府は抗議しなかったと批判し「アメリカ中心の政治を大本からただす日本共産党を伸ばして、日本の空にオスプレイはいらないとの民意を示そう」と述べました。

 「平和は一国ではつくれない」と強調した、あさか予定候補は、日本こそ核兵器禁止条約に署名すべきだと指摘。「憲法9条を中心に置き、平和外交を進める政府をつくりたい」と語りました。

 初参加の派遣社員の女性(46)=同区=は「オスプレイが神奈川区から陸揚げされ、上空を飛んでいたとは知らなかった。沖縄だけの問題ではないんですね。共産党にはこれからも頑張ってほしいので、できる範囲で応援したい」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。