Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年10月22日(日)

共闘 ブレずに貫く

京都・兵庫 市田副委員長がこくた・堀内候補と


写真

(写真)こん身の力で訴える、こくた(右)、市田の両氏=21日、京都市北区

写真

(写真)訴える(左から)市田副委員長と堀内近畿比例・兵庫8区候補=21日、兵庫県尼崎市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は21日、京都と兵庫を駆け巡りました。

 京都市内で、こくた恵二近畿比例・京都1区候補を応援。「比例で日本共産党を広げに広げ、京都1区から、こくた恵二さんを押し上げてほしい」と声を振り絞ってよびかけ。JR二条駅前では雨の中、聴衆が熱心に聞き入り、「がんばろう」の声援が飛び交いました。

 市田氏は、日本共産党が消費税10%増税中止や、憲法9条を守る立場をブレずに貫くことができるのは、消費税に頼らない財源提案や95年の歴史に裏打ちされていることを強調。公示日の直前に日本共産党が67人の小選挙区候補を降ろして野党の一本化のために力を注いだことを示し「日本共産党と、こくた恵二さんへの一票は、『市民と野党の共闘』を発展させる確かな道への一票だ」と支援を訴えました。

 こくた候補は「『市民と野党の共闘』をこれまでもこれからも、ずっとブレずに貫く。95年、節を曲げずに基本的人権、民主主義、平和主義を掲げてきた党だ。その歴史を背負っている私だからこそ、この立場を貫ける」と、力を込めました。

 市田氏は、神戸市では松田たかひこ神戸市長候補と、尼崎市では堀内照文近畿比例・兵庫8区候補と訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。