Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年10月16日(月)

自公政治に痛打の議席を

風雨つき熱烈訴え

9条を守る確かな力


小樽・札幌

市田副委員長
はたやま候補

写真

(写真)声援にこたえる(左から)はたやま、市田、金倉の各氏=15日、札幌市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は15日、北海道入りし、小樽と札幌の3カ所を駆け巡り、比例での日本共産党の躍進と12選挙区すべてで擁立した市民と野党共闘の統一候補の勝利をと熱烈に訴えました。
 強い寒風が吹くJR小樽駅前。佐々木あけみ比例候補と市民と野党の本多平直道4区統一候補(立憲民主党)と一緒に立ちました。
 札幌市北区のスーパー前、東区地下鉄栄町駅前では、はたやま和也、金倉まさとし(道2区重複)の両比例候補、東京から駆けつけた市民連合・総がかり行動実行委員会の菱山南帆子さんらがマイクを握りました。
 「市民と野党共闘の勝利と比例での日本共産党躍進で安倍政権を退陣に追い込もう」と強調した市田氏。9条改憲を狙う安倍政権を痛烈に批判し、「310万人の日本国民と2000万人のアジアの人たちの尊い命を奪った痛苦の教訓から生まれた憲法9条。変えるべきは9条でなく、安倍政権です」と力を込めると、「そうだ」と掛け声が飛びました。
 「作家の小林多喜二はじめ戦争反対、主権は国民にあると命がけでたたかってきた日本共産党が伸びてこそ、9条を守り、生かすもっとも確かな力になります」と気迫を込めてよびかけました。
 はたやま候補は、JR北海道の鉄路切り捨てを許さず、消費税増税中止へ奮闘する党の役割を語り、「みなさんの声援を受け、最後まで全力を尽くします」と表明しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。