Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年10月15日(日)

二極対決に勝利する

青森・宮城 市田副委員長


写真

(写真)声援に応える(左から)高橋、市田、赤平の各氏=14日、青森市

 日本共産党の市田忠義副委員長は14日、青森市と宮城県大崎市で「真の対決構図は、『自公とその補完勢力』対『市民と野党の共闘』の二極対決だ」と指摘し、衆院選での共産党の躍進を訴え、安倍政権退陣の審判を呼びかけました。

 安倍内閣退陣後の日本について市田氏は、大企業優遇税制や史上最大に膨れ上がった軍事費、長時間労働などにメスを入れる日本共産党の改革案を提起。「企業・団体献金も政党助成金も受けない日本共産党だからできる」と述べました。

 市民と野党の共闘の前進とともに「なんのしがらみもない日本共産党の躍進の主舞台は比例区だ」と強調。「比例では日本共産党と書く人を増やしてほしい」と訴えると大きな拍手が起きました。

 青森市では、高橋ちづ子東北比例候補と赤平ゆうと青森1区候補が「東北初の2議席と全国の躍進を勝ち取らせてください」(高橋候補)と訴えました。

 大崎市では、ふなやま由美東北比例候補と横田有史宮城6区候補が「安倍政治を許さない。人生をかけてたたかいぬく」(ふなやま候補)と力を込めました。木村春雄元宮城県農協中央会会長が共産党の躍進を訴えました。

 初めて日本共産党の演説に来た60代の女性は「大企業優遇と暮らしとの対比でよくわかった。消費税を上げるのも仕方ないと思っていたので、増税反対の共産党に頑張ってほしい」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。