Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年10月14日(土)

頑張りが結果を決める

東京3市区 市田副委員長


写真

(写真)訴える市田副委員長=13日、東京都調布市の調布駅前広場

 日本共産党の市田忠義副委員長は13日、東京都内3カ所で演説しました。調布市の京王線調布駅前では、石沢のりゆき衆院東京比例候補、阿部真・東京22区候補とともに、「市民と野党共闘の勝利と比例での日本共産党の躍進で、安倍政権を退陣に追い込もう」と訴えました。

 市田氏は最近の各紙世論調査が「自公勢力が有利」だと報じていることに、「安倍内閣の支持率は低下し続けている」と指摘。4割から5割近い有権者が投票先を決めていないことを示し、「われわれのがんばりが結果を決める」と強調しました。

 市田氏は「憲法をこれほどないがしろにした政権はない」と安倍政権を批判し、沖縄での辺野古新基地建設推進、消費税10%への引き上げ、原発再稼働、森友・加計疑惑隠しなどを例に挙げて、「民意をふみつけてはばからない暴走政治を終わらせ、民主主義を取り戻そう」と呼びかけました。

 「安保関連法に反対するママの会@調布」の木下安子さんは、調布市議会が安保関連法案賛成の意見書を国に提出したことに怒り、「ママの会」に入ったと紹介。「市民の目線で国づくりを考えてくれる議員を送り出したい」と日本共産党の候補者への期待をのべました。

 保育士としてパートで働く女性(67)は、市田氏の話に「大金持ちへの課税で消費税引き上げをやめさせる話はわかりやすい」と述べました。

 市田氏はこの後、墨田区JR錦糸町駅であとう和之14区候補、足立区竹ノ塚駅で、そぶえ元希13区候補とともに訴えました。小雨が降る寒いなかを聴衆が熱心に聞き入っていました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。