Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年10月2日(月)

全国で力を込めて

立憲主義取り戻そう

熊本 市田副委員長・松岡比例候補が訴え 九州・沖縄


写真

(写真)九州・沖縄比例3議席以上へ日本共産党の躍進を訴える(左から)せきね、松岡、(1人おいて)市田の各氏=1日、熊本市中央区

 日本共産党の総選挙躍進と、市民、野党による共闘の発展で安倍自公政権打倒をと、党熊本県委員会は1日、市田忠義副委員長を熊本市に迎えて街頭演説をしました。

 市田氏は、総選挙で第一に問われる争点について「憲法を壊し、民意を踏みつけにする、揚げ句には国政を私物化する安倍暴走政治をこれ以上、続けさせていいのか」と強調。「日本共産党の躍進と野党と市民の共闘の力で、憲法違反の安保法制、共謀罪はそろって廃止に。立憲主義、民主主義を取り戻そう」と呼びかけました。

 「希望の党」に対して市田氏は「自民党の補完勢力」にほかならず、共闘の対象にならないと力説。熊本では、安保法制廃止の大義の下に野党と市民連合との間で1〜4選挙区全ての候補者を一本化することが合意されたことにふれ、「日本共産党はこの合意を大切に、野党共闘の前進を誠実に追求して頑張ります。九州・沖縄で必ず共産党比例3議席以上の躍進へ、支援の輪を広げに広げ抜こう」と述べました。

 松岡勝衆院九州・沖縄比例候補は、安倍政権が狙う熊本へのオスプレイの暫定配備に対し「熊本地震の被災者の上を、墜落を繰り返す欠陥機が飛び回るのを許すわけにはいかない」と述べ、配備撤回の願いを共産党に、と呼びかけました。

 せきねしずか熊本3区候補は「市民と野党共闘の代表として憲法を守り、安保法制廃止のために全力を尽くします」と訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。