Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年10月1日(日)

憲法生かし政治変えよう

市民と野党共闘進める党を


写真

(写真)比例を軸に日本共産党の躍進を訴え、聴衆の激励に応える(右3人目から)市田、田村の両氏ら=30日、福岡市博多区

福岡市 市田副委員長と田村比例候補ら訴え

 総選挙で日本共産党の躍進と、市民・野党の共闘の勝利をめざし、党福岡県委員会は30日、市田忠義副委員長を福岡市に迎えて街頭演説を開きました。

 市田氏は、安倍政権打倒の歴史的チャンスとなった総選挙で、憲法9条改定など安倍首相のたくらみにノーの審判を下す意義を強調。「憲法違反の戦争法などを次々と強行した首相に憲法を変える資格はありません。変えるべきは憲法を守らない安倍政治です」と力を込めると、JR博多駅前を埋めた聴衆から「そうだ」の声と拍手が飛び交いました。

 民進党が合流を決めた「希望の党」について市田氏は「野党共闘に反対し民進党を離党したり、自民党政権の中枢にいたりした顔ぶれなどが集い、政策では戦争法と9条改定を容認しないと公認を得られない。どこから見ても自民党の補完勢力」と指摘。「日本共産党は最後まで“野党は共闘”の旗を高く掲げ、全力を尽くします。この党の躍進こそ共闘を前に進める最大の力になります」と訴えました。

 田村貴昭衆院九州沖縄比例候補(福岡10区重複)は、国会質問でJR九州社長に全てのローカル線存続を約束させたことを紹介し、「国民の立場で頑張る共産党の議席をもっと増やしてください」と呼びかけました。

 衆院福岡選挙区に挑む立川孝彦(1区)、松尾りつ子(2区)、山口ゆうと(3区)、しんどめ清隆(4区)、田中ようじ(5区)各候補も訴えました。

福岡・添田 市田副委員長と泉野社民県連幹部訴え

写真

(写真)応援にきた社民党福岡県連の泉野氏(右から2人目)と手をつなぐ市田副委員長(右から3人目)、田村候補(右端)、山下さん(左端)=30日、福岡県添田町

 日本共産党福岡県委員会は30日、福岡県添田町で記者会見を開き、衆院福岡10、11両区で、社民党県連合と候補者を一本化することで合意したと発表しました。

 岡野隆県委員長は、11区(行橋、田川両市など)で、日本共産党の山下とみ子氏の立候補を取り下げ、社民党の竹内信昭氏に一本化するとともに10区(北九州市門司区・小倉北区・小倉南区)では、田村たかあき氏の勝利に向けて共闘することを説明しました。

 会見に先立ち添田町で開かれた市田忠義副委員長を迎えての党演説会には、社民党県連の泉野時彦組織部次長が駆け付けました。

 泉野氏は「野党共闘の候補『すみわけ』に腐心された共産党のみなさん、立候補を取り下げられた山下さんと支援者の方々の英断に心から敬意を表したい。立憲主義、平和主義をぶれずに貫き、日本を戦争の道から引き戻すため、10区・田村、11区・竹内両候補の議席獲得に向けお互い協力していきましょう」と呼びかけました。

 山下氏は「候補者と同じ思いで選挙区では竹内さんの勝利、比例では日本共産党の躍進に向けたたかいます」と訴えました。

 党三役が添田町を初めて訪れ、大型バス4台で参加者を組織するなど過去最高の人出となった演説会。市田氏は、この2年間に市民と野党が積み重ねてきた歩みが、一時的に逆流によって後退したとしても、長い目で見れば共闘は不滅だと強調。共闘の前進・安倍政権打倒へ、比例を軸に日本共産党の躍進を訴えました。

 田村氏や添田、福智両町議選で空白克服に挑む永沼かよ子、田崎みゆり両候補が決意表明し、寺西明男添田町長は九州北部豪雨の被災者支援で党の尽力に謝意を述べました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。