Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年9月29日(金)

共産党支持 広げ抜く

もとむら・大野比例候補を市田氏訴え

名古屋


写真

(写真)総選挙勝利に向け、支援者の声援にこたえる(左から)大野、酒井、市田、もとむらの各氏=28日、名古屋駅前

酒井候補が決意

 衆議院が解散された28日、日本共産党愛知県委員会は市田忠義副委員長を迎え名古屋駅前で街頭演説をおこないました。時間がたつごとに聴衆の輪がふくらみ、「ぶれない日本共産党を伸ばし憲法壊す政治を変えたい」と熱い期待が寄せられました。

 拍手と歓声のなか、もとむら伸子衆院東海比例候補、大野ひろみつ比例候補(1区重複)、酒井ケンタロー2区候補が決意を表明。もとむら氏は「憲法を守るためにがんばってきた市民の皆さんと手をつないできた日本共産党が絶対に負けるわけにいきません。安倍政権に厳しい審判を下し、平和憲法を守り生かすため、この混沌(こんとん)とした時代のなかだからこそ共産党の議席がどうしても必要です。どうかみなさん伸ばしてください」と力いっぱい訴え。松本篤周弁護士が応援演説しました。

 市田副委員長は、「安倍政権を退場に追い込む歴史的チャンス。比例代表選挙では日本共産党への支持を東海中に広げ抜き、現有2議席を確保し3議席以上に広げてください」と訴えました。

 民進党が希望の党に合流する動きを「共闘の積み重ねを否定する重大な背信行為」と批判した市田氏。「わが党は、共闘の道を勇気を持って追求する政党、議員、候補者の方々との共闘成功に全力をあげる。市民と野党共闘前進へ、大義の旗を高く掲げる日本共産党の躍進を」呼びかけると、大きな拍手と「そうだ」の声が返りました。

 演説を聞いた真木玲子さん(61)は「ずっと他の党を応援してきた。共闘に努力し続ける共産党に昨年の参院選で初めて投票した。演説を聞きますます共産党への期待が膨らんだ。友人にも共産党を頼む」と語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。