Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年8月21日(月)

離島の要求実現に全力

市田副委員長迎え党演説会

鹿児島・屋久島


写真

(写真)市田副委員長(正面)の演説に耳を傾ける参加者=20日、鹿児島県屋久島町

  鹿児島県の日本共産党屋久島町委員会は20日、市田忠義副委員長・参院議員を迎えて町内の屋久島離島開発総合センターで演説会を開きました。

 「生まれて初めて屋久島を訪れ、豊かな自然に心が癒やされた」と述べた市田氏は、同日の荒木耕治町長との懇談に触れて「離島で生活する住民の皆さんの要求実現に全力を尽くします」と力を込めました。

 また、森友・加計学園や自衛隊「日報」問題で疑惑解明が進んでいないとして「関係者全員を出席させた閉会中審査と証人喚問、すみやかな解散・総選挙を求めます」と強調。「安倍政権打倒のたたかいを全国で起こし、自民党政治を終わりにしよう」との呼びかけに大きな拍手が起こりました。

 永田義人・衆院鹿児島4区候補は「二度と戦争をしないと誓った憲法を守り抜きたい」と決意を語りました。

 議席増に挑戦する9月12日告示(17日投票)の屋久島町議選の、現職の渡辺ひろゆき候補と新人の松田正候補が「20億円の新庁舎建設計画を見直し、水道料金の引き上げを白紙撤回を」と訴えました。

 終了後の懇談会では、演説会に参加した住民から「自衛隊についての共産党の考えを知りたい」などの質問が相次ぎ、市田氏が一つひとつ丁寧に答えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。