Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年7月24日(月)

国民の声が生きる政治を 共産党が集い・講演会

奈良・山添 市田氏


写真

(写真)市田副委員長の話に会場は熱気に包まれました=23日、奈良県山添村

 奈良県の日本共産党山添(やまぞえ)支部・後援会は23日、市田忠義副委員長・参院議員を山添村に迎え、「暮らし・国政を話し合う集い」を開き、過去最高の倍の参加となりました。

 山添村は自立の道を選び、20歳まで医療費無料です。市田氏は「ここで演説することを光栄に思います」と切り出しました。南克典村長職務代理者がメッセージを寄せ、村議会議長が参加。奥谷和夫村議が司会し、しもとり純一衆院奈良2区予定候補が決意を語りました。

 市田氏は、国政私物化と憲法破壊の安倍内閣の暴走を批判し、ノーを突きつけた都議選結果を報告。「解散・総選挙に追い込み、野党と市民の共同で国民の声が生きる政治を」とよびかけました。

 市田氏は、だされた質問に答えました。「安倍内閣の農協解体政策で農村はどうなるか」には、農協つぶしの狙いが「世界で一番企業が活躍しやすい国」の邪魔になるからだと指摘。日本共産党は、農協の自主性・独立性を尊重し、農協つぶしに強く反対するとのべました。

 「都市と地方の格差是正、過疎対策」について市田氏は、「平成の大合併」が地方交付税を削減し、「財政的にやっていけなくなるから合併しろ」と押し付けたと述べ、「地方の格差や人口減少は、自民党政治がつくりだした政治の責任の部分が大きい」と指摘。「日本共産党はこの政治を切り替え、地方交付税が本来の機能を発揮できるよう充実・増額させ、国の過疎対策も充実させる」と語りました。

 市田氏のよびかけに2人が入党しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。