Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年7月1日(土)

支持の輪広げに広げて

市田副委員長力込め 世田谷・荒川・江東


写真

(写真)聴衆の握手ぜめにあう里吉ゆみ都議候補(右)と市田副委員長(その左)=30日、東京都世田谷区

 「1票を争う大激戦。残る期間、みなさんの支持の輪を広げに広げていただけるかどうかに勝敗がかかっています」―。日本共産党の市田忠義副委員長は、大激戦の東京都議選(2日投票)で、世田谷区(定数8)から2期目に挑む里吉ゆみ候補=現=、荒川区(定数2)で激戦を繰り広げている相馬けんいち候補=新=、江東区(定数4)で他候補と激しく議席を争っている、あぜ上三和子候補=現=を応援し、街頭から訴えました。

 世田谷区の三軒茶屋駅前では、保坂展人区長が里吉候補を応援。雨の中集まった聴衆は演説後、次々に里吉候補に握手を求めました。

 荒川区では、町屋駅前で多くの人が足を止めて聞き入りました。

 江東区では2カ所で訴え、このうち、小名木川にかかる高橋の上に聴衆が鈴なりに。高層マンションの廊下からじっと演説を聴く人の姿がありました。

 市田氏は、稲田朋美防衛相の自衛隊私物化発言や、自民党の下村博文都連会長が加計学園(岡山市)から200万円を受け取っていた疑惑にふれ、「自民党支持でも、今度は安倍政権に立ち向かう共産党を支持するという人が増えている。安倍政権の暴走に共産党の躍進でノーの審判を」と呼びかけました。

 里吉候補は「みなさんの税金はみなさんの暮らし、福祉に使う、そのために全力で取り組みます」と主張。

 相馬候補は「荒川区の自公独占を許さないため、私を都議会へ押し上げてください」と呼びかけました。

 あぜ上候補は「都政が一番にすべきことは、介護や子育てなどの都民の願いに寄り添い、正面からこたえること。住民が反対する幹線道路を見直せば実現できます」と力を込めました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。