Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年6月30日(金)

一回り二回り支援広げて

市田副委員長が訴え

町田・立川


写真

(写真)「ご一緒に政治を変えましょう」と訴える池川友一都議候補(右)と市田忠義副委員長=29日、東京都町田市

 日本共産党の市田忠義副委員長は29日、大激戦の東京都議選(7月2日投票)で、初の議席獲得をめざす町田市(定数4)の池川友一候補=新=と、20年ぶりの議席奪還に挑む立川市(定数2)の浅川修一候補=元=を押し上げようと、街頭から訴えました。

 町田市内の団地では続々と聴衆が増え、演説に元気な合いの手が。池川候補が「一人でも二人でも支持をお広げください」と訴えると、「頑張るぞ!」と声が上がりました。

 立川市上砂町の集合住宅前では、演説に聴衆から「そうだ!」と力強い声が上がり、通りかかった車の中からも浅川候補に声援が送られました。

 市田氏は、安倍晋三首相が国政を私物化した加計疑惑にフタをし、国民の内心を処罰する「共謀罪」法を強行した安倍自公政権の暴走を「国民をなめるなと言いたい」と批判。「怒りの一票を今度ばかりは共産党にお寄せください」と語りました。

 「今度の選挙は、まだ決めていない人が多い。残された期間の頑張りが勝敗を分けます。あと一回り、二回り、支援をお広げください」と呼びかけました。

 池川候補は「町田から初の議席を。勇気を出してご一緒に政治を変えましょう。シルバーパスの負担軽減、東京と神奈川の境を越えて使えるようにする条例案を実現させましょう」と力を込めました。

 浅川候補は「『老老介護は限界、特別養護老人ホームを増やして』『保育園を増やしてほしい』『奨学金を充実してほしい』―この声に応えます。大型開発を見直せば実現できます」と訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。