Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年6月25日(日)

憲法守れの願い 共産党へ

狛江・中野・東大和 市田氏が訴え


北多摩3区 いび候補/中野 浦野候補/北多摩1区 尾崎候補

写真

(写真)日本共産党の必勝を訴える(左から)市田副委員長、いび候補=24日、東京都狛江市

写真

(写真)聴衆の声援にこたえる市田副委員長(左)と浦野候補(右)=24日、東京都中野区

写真

(写真)聴衆の声援にこたえる右から尾崎候補、市田副委員長=24日、東京都東大和市

 日本共産党の市田忠義副委員長は24日、東京都の狛江市(北多摩3区)、中野区、東大和市(北多摩1区)を駆け巡り、都議選(7月2日投票)での、いび匡利(北多摩3区)、浦野さとみ(中野区)、尾崎あや子(北多摩1区)各候補の必勝を訴えました。

 市田氏は、憲法、築地、暮らしの都議選の三大争点について語り、この中で、「『共謀罪』法強行と加計疑惑などに対し、国民の怒りが沸騰する中での都議選。日本共産党の躍進で安倍自公政権に厳しい審判を下そう」と呼びかけました。

 「国民の目、耳、口をふさぎ、戦争への道を再び進むことはあってはならない」と力を込めた市田氏。「(結党以来)反戦平和を貫き95年。憲法守れの願いを、党派、立場を超えて日本共産党に託してほしい」と訴えると、聴衆は大きな拍手で応えました。

 いび候補は「憲法守れの願いを託してほしい」と呼びかけました。

 浦野候補は「都民の命とくらしが何よりも大切にされる都政を」と力説。尾崎候補は「私がやりたいことは、築地市場の豊洲移転をきっぱりやめさせることです」と訴え、聴衆から割れんばかりの拍手が起こりました。

 狛江駅前でのメガホン宣伝には、他党を応援してきた青年が初参加。矢野裕前狛江市長が応援演説に立ちました。

 中野区の上高田4丁目団地では、ベランダから耳を傾ける人の姿も。東大和市のスーパー前の広場には、聴衆の大きな人垣ができました。

 仕事帰りに足を止めた男性(38)は「住宅問題を何とかしてほしい。尾崎さんを応援する」と語りました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。