Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年6月24日(土)

都議選勝利へ党幹部・議員奮闘


豊島・江東 市田氏

写真

(写真)聴衆の声援にこたえる(右から)市田副委員長、米倉春奈都議候補=23日、東京都豊島区

 日本共産党の市田忠義副委員長は23日、同日告示された東京都議選で、豊島区の池袋駅西口で米倉春奈候補の、江東区の総合区民センターで、あぜ上三和子候補の勝利と共産党の躍進を訴えました。

 池袋駅西口では、米倉候補に「頑張れよ!」と声がかかり、通りかかった女性が自転車を止めて熱心に訴えを聴くなど、聴衆の輪が広がりました。

 市田氏は「都議選の対決構図は自民・公明対日本共産党だ」と強調。(1)安倍政権による憲法9条改悪を許すのか(2)築地市場の豊洲移転を中止し、現在地再整備を進めるのか(3)巨大開発優先から福祉・暮らし優先の都政に切り替えるのか―が大争点だと語りました。

 共産党が掲げている国民健康保険料の1人1万円値下げなどの公約には、都の予算の4%を変えるだけで実現できること、党都議団は4年間で16本の条例案を提案し、都政を動かしてきたことという二つの裏付けがあると述べ、共産党への支持を訴えました。

 米倉、あぜ上両候補は「共産党の躍進で、巨大開発優先の都政を改めて、福祉・暮らし優先の政治をつくりましょう」などと訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。